脱毛 日焼け

医療脱毛やエステ脱毛、なぜ日焼けは駄目なの?どの程度ならOK?

「医療脱毛やエステ脱毛、なぜ日焼けは駄目なの?※どの程度ならOK?」がイメージできる画像01

 

脱毛について調べているうちに、「日焼けした人は受けられません」とか「日焼けした肌でもOK」という記載を目にしたことはありませんか?

 

同じ脱毛なのに、受けられなかったり、大丈夫だったりするのは、一体なぜなのでしょうか。

 

「日焼け肌はどうしてダメなの?」
「日焼け肌でも大丈夫な脱毛方法ってある?」
「どの程度までの日焼けなら大丈夫?」
「日焼けじゃなくて地黒だけど・・・これもNG?」

 

上のような疑問を持っている人も少なくありません。そこで今回は脱毛時に注意しておきたい日焼けについてまとめてみました。ぜひ最後まで読んで参考にしてください。


日焼けしていたら脱毛できない?

 

日焼けしているから脱毛を断られないか心配・・・という人もいると思います。

 

まずは日焼けをしていたら、どうして脱毛できないのか、その理由をまとめてみましたのでご覧ください。

 

理由その1:脱毛マシンの光は、黒に反応してしまうから

 

クリニックで行われる医療脱毛も、脱毛サロンで行われる光脱毛も、現在主流のマシンは、毛の黒い部分(メラニン)に反応します。

 

肌が日焼けしていると、本来は毛のみに作用する光が、お肌の黒い部分にも反応してしまうことから、お肌トラブルの原因になり、さらに光のパワーが分散されるため、脱毛効果も薄くなってしまう可能性が高まるのです。

 

日焼け肌だけではなく、色素沈着を起こしたお肌や、地黒の人、ほくろの上も、光を照射することはできません。

 

理由その2:施術前後の日焼けはお肌に大きなダメージを与えてしまうから

 

中には、「私は日焼けしても黒くならないタイプだから大丈夫」という人がいますが、これも要注意です。

 

たとえ色が黒くなっていなくても、日焼けをして間もないお肌は、紫外線のダメージでかなり弱っています。

 

この状態で脱毛マシンの光を照射した場合、刺激が強すぎて、ヤケドや炎症などの肌トラブルが発生しやすくなります。

 

日焼け対策をしていたにも関わらず、日焼けをしてしまった場合、1ヶ月程あけて脱毛するようにしましょう。

 

お肌に黒さが残っているうちは施術を避けたほうが無難です。また、脱毛施術後の日焼けもNGです。

 

脱毛施術では、毛根にダメージを与えるほどのパワーがある光を照射していきます。そのため、毛根周囲のお肌もダメージを受けています。

 

この状態で太陽光を浴びて、日焼けをしてしまうと、シミや色素沈着、ヤケドなどを起こしてしまう可能性があるため、施術後1週間程は直射日光を浴びないように心がける必要があります。

 

 

日焼け肌や色素沈着でもOKの脱毛方法は?

 

「日焼けや地黒の人は脱毛をあきらめなくてはならないのだろうか」と不安になった人もいるかもしれませんが、日焼け肌でもOKの脱毛方法はあります。

 

もともと人より肌の色が濃い人や、日焼けの心配がある人は、以下でご紹介するようなサロンを検討してみることをおススメします。

 

脱毛マシンでクリニックを選ぶ

日焼けが心配だけど、医療脱毛を受けたいという人は、次の脱毛マシンを導入しているクリニックを探すと良いでしょう。

 

ライトシェアデュエット

 

ダイオードレーザーを代表する人気機種のひとつで、出力を細かく調整できるため、日焼け肌や色素の濃い部分への照射パワーを抑え、肌トラブルの可能性を低くすることができます。

 

YAGレーザー

 

黒い色に反応しにくく、波長が長く、肌の深いところまでレーザーが届くのが特徴。

 

日焼け肌や地黒の人へのヤケドや肌トラブルのリスクを抑えることが出来る一方、脱毛の効果の出方がゆるやかなので、全身をYAGレーザーのみで行うのはおススメしません。

 

サブマシンとして導入しているクリニックを探しましょう。

 

メディオスターNeXT(HAYABUSA)

 

現在、注目度の高い最新脱毛機です。

 

従来の脱毛は黒い色に反応する光の熱で、毛根を破壊するという仕組みでしたが、メディオスターNeXTは、毛根よりもっと浅い部分にあるバルジ領域という発毛因子に対して60度程度の熱を加えることで施術を行うため、圧倒的に痛みが軽減されている上、日焼け肌でも大丈夫です。

 

まだ導入しているクリニックが少ないため、脱毛価格が若干高いのがデメリットではありますが、短期間でこれまでよりも少ない回数で脱毛完了するため、最終的な総額はさほど大きく変わらないと言えます。

 

脱毛サロンならハイパースキン脱毛

日焼け肌OKの脱毛サロンを探すなら、ディオーネがおススメです。ディオーネの脱毛は、ハイパースキン脱毛と呼ばれており、光脱毛やフラッシュ脱毛とは違います。

 

毛の発毛因子に働きかけ、毛を生えてこなくする脱毛方法なので、敏感肌や地黒、日焼け肌でも安心して脱毛することができます。

どの程度の日焼けなら大丈夫?

 

日焼けに注意して・・・と言われていても、夏場は特に、普通に生活しているだけで、どんなに日焼け対策をしても、気付かないうちに焼けてしまっているものですよね。

 

一体どの程度の日焼けがNGと言われるのでしょうか。

 

日焼けNGのボーダーライン

海へ行ったり、炎天下でバーベキューをして楽しんだ後、「明らかに肌の色がこんがりと黒くなった」という場合、脱毛NGです。

 

通常3ヶ月程度、日焼け対策をして生活することで、お肌の色が落ち着いてくるので、脱毛はそれからにしましょう。

 

日焼けで黒くならないけれど、赤みを帯びている場合も、お肌が紫外線でダメージを受けている状態なので、期間を置いてください。

 

あまりにも激しい日焼けや、赤みが出ている場合は、たとえ日焼け肌OKのクリニックやサロンでも施術を断られる場合があるので、注意してください。

 

「日常的に外には出ているけど、日焼け対策をしているからそこまで焼けてはいないと思う」という人の場合はほとんどがOKです。

 

脱毛と日焼けの関係、お分かりいただけましたか?

 

どうしても近くに日焼けOKのクリニックや脱毛サロンがない場合や、断られそうで怖い・・・という場合は、自己判断で諦めてしまわず、カウンセリングに行ってみることをおススメします。

 

多少日焼けしていても、地黒の人でも、テスト照射で問題がないようであれば施術可能な場合もあります。

医療脱毛やエステ脱毛、なぜ日焼けは駄目なの?※どの程度ならOK?関連ページ

Iライン脱毛の痛み痛さはどれぐらい?
最近ではアンダーヘアの脱毛も身だしなみとして行う方が増えています。しかし医療脱毛でVラインやIラインを脱毛するのは痛みがすごいのでは・・・?と不安に思う方も多いようです。Iラインの痛みはどのくらいなのか、その体験談や痛みの少ない脱毛クリニックはどこか?などについてまとめましたのでぜひ参考にしてください。
Iライン脱毛の男受けはどう?
アンダーヘアであるVIOラインはどのような形にするのが今、主流なのでしょう。あまりきっちり整えすぎても、男受けが悪そうだし、幅広いと水着を着たときはみ出しそうだし・・・そこでiライン脱毛の処理事情やヘアの形、男受けする脱毛方法などについてまとめました。iライン脱毛で迷っていたらぜひ参考にしてください。
Iライン脱毛施術中の体勢や処理の仕方
いくら同性のスタッフでも、見ず知らずのひとにアンダーヘアの部分を見られたり、施術されたりするのは恥ずかしいからiライン脱毛はちょっと・・・と考えている方も多いのでは?iライン脱毛は恥ずかしいのか?施術中の格好や大勢、処理の仕方、スタッフの本音などをまとめました。
医療レーザー脱毛で美肌になれる?
自己処理のし過ぎや埋没毛で肌が汚い!ブツブツが・・・と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。医療レーザー脱毛で脱毛をすると肌がきれいになる、美肌になるというのは本当なのでしょうか。自己処理もいらず、肌もきれいになるなんて!素晴らしい話ですよね。医療レーザー脱毛で汚い肌やブツブツは治るのか調査しました!
毛深い人に医療レーザー脱毛が良い理由
毛深くて脱毛しても効果はあるの?悩んでいる・・・という方中にはいるのではないでしょうか。毛深い方にはエステ脱毛より、脱毛効果の高い医療レーザー脱毛がおすすめです。ではなぜ毛深い人には医療レーザー脱毛がおすすめなのか、毛深い方でも永久脱毛は可能なのかなどについてまとめました。
ムダ毛処理、濃くならない方法は?
ムダ毛は自分で処理しているという方も多いのではないでしょうか。自分で処理しても綺麗にそれなかったり、時間と手間がかかって面倒だと感じていませんか?また、自己処理を続けて毛が濃くなったと悩んでいる方もいると思います。ムダ毛処理を自己処理している方のために、きれいにそる方法や濃くならない方法などについて紹介します。
急増中!エステ脱毛から医療脱毛へ
リーズナブルで行きやすいエステ脱毛をしているけど、医療脱毛に乗り換えるという方が急増しています。医療脱毛は高額でリスクがあるようないめーじがありますが、なぜ乗り換える人が増えているのでしょうか。医療脱毛に乗り換える人気の理由やエステ脱毛と医療脱毛のメリット・デメリットをまとめました。
エステ脱毛は永久脱毛じゃない?
リーズナブルで学生なども行きやすいエステ脱毛に通っているという方は多いと思いますが、エステ脱毛では効果を実感しにくい、通っても意味がないと感じているという方もいるようです。エステ脱毛は本当に効果がないのか、永久脱毛ではないという理由などについてまとめました。
おすすめの脱毛の仕方!
ムダ毛の処理は自己処理をしているけど、そり残しや肌荒れ、毛穴のポツポツが気になるという方も多いのでは?自己処理するとポツポツや肌荒れが目立つ理由をお教えします。また、おすすめの脱毛の仕方や処理方法、美肌になる脱毛方法は?などについてもまとめていますのでぜひチェックしてください!
体毛が濃い人にはレーザー脱毛がオススメ?
体毛が濃くて悩んでいる人は多く、そのほとんどの人が一度はレーザー脱毛を検討しています。ただ毛深くてもレーザー脱毛は効果があるのか?また永久脱毛は可能なのか?を気になっている人も多いようなので、今回はこちらについてまとめみました。
医療レーザー脱毛は5~6回契約で大丈夫?
いざ医療脱毛を契約しようと考えた時、悩むのが回数かもしれません。5回で脱毛は完了するのか?また部位ごとに契約する回数は変えた方がいいのか?今回はそんな医療レーザー脱毛の回数についてまとめてみました。
Iラインのムダ毛処理まとめ!
今回はIラインのムダ毛処理についてまとめてみました。今現在Iラインの脱毛に関して検討していたり、永久脱毛を検討している人は必見!自己処理は出来るのか?永久脱毛はすべきか?などをまとめてみました。
お尻のムダ毛処理ってみんなどうしてる!?
お尻のムダ毛処理について悩んでいる女性は多くいますが人に相談できるような事でもない為、悶々と悩んでいる人も多いようです。そこで今回はお尻のムダ毛処理についてまとめてみました。永久脱毛は出来るのか?自己処理の方法はあるのか?についてまとめてみました。
うなじの永久脱毛は可能?
うなじ部分のムダ毛処理に関しては、見えない部分と言う事もあり、悩んでいるけどほったらかしにしているという人も多いようです。そこで今回はうなじのおくれ毛に関して、医療脱毛や永久脱毛は可能か?出来るのであれば効果や回数はどれぐらいか?についてまとめてみました。
アンダーヘアの処理ってみんなどうしてる?
人には恥ずかしくてあまり言えないアンダーヘアの処理について、みんなどのようにしているのか?永久脱毛や医療脱毛は出来るのか?について今回は調査し、わかりやすくまとめてみましたので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。
女性の濃いムダ毛処理の方法!
女性でも濃いムダ毛に悩んでいる人は多く、どうやってみんな処理してるのかな・・・?とあなたも感じているかもしれません。そんな剛毛女子のムダ毛処理方法について今回はわかりやすくまとめてみました。
医療レーザー脱毛はアトピー性皮膚炎でも可能?
最近話題の医療レーザー脱毛について興味がある人も多いはずですが、中には皮膚や肌で悩んでいてあきらめている人も少なくありません。そこで今回はアトピー性皮膚炎でも永久脱毛や医療脱毛は可能なのか?についてまとめてみました。
医療レーザー脱毛の痛みまとめ!
永久脱毛をするなら医療レーザー脱毛がオススメですが、中には痛みについて気になっている人が多いようです。そこで今回は医療脱毛について、痛み止めは効くか?回数で痛みに違いは出るのか?などをまとめてみました。
ムダ毛処理の場所と頻度まとめ!
ムダ毛処理に関して一般的にみんなどこでやっているのか?その場所や回数、頻度などを調査してまとめてみました。風呂場で処理している人も多いようです、正しいムダ毛処理はどこですべきでしょうか?興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。
ムダ毛処理後のブツブツやざらざらを治す方法ってある?
自分でムダ毛処理をしている人は多いですが、ムダ毛処理の度にブツブツやざらざらになってしまって悩んでいる人も多いようです。そこで今回はブツブツやざらざらを直す方法、保湿って意味があるのか?について今回はまとめみました。
背中のムダ毛処理におすすめの方法は?
今回は背中の無駄毛処理に関して、お勧めの方法や永久脱毛は可能なのか?についてまとめてみました。ムダ毛処理で濃くならない方法や医療レーザー脱毛は背中に効果があるのか?など知りたい方はご参考ください。
ムダ毛処理時の痛みやかゆみ
ムダ毛処理をすると痛みやかゆみが残ってしまう場合も多いですが、こういった炎症をケアするためには何をするのがいいのでしょうか?永久脱毛すると、この痛みやかゆみから解放されるのでしょうか?今回はこちらについてまとめてみました。
足や腕のムダ毛処理まとめ!
足や腕、脇などはほとんど毎日ムダ毛処理をしているという方も多いのではないでしょうか。しかし毎日むだ毛処理をしていると、肌への負担や黒ずみ、埋没毛も気になるし、何より毛がどんどん濃くなるのではないかという心配が出てきます。肌に負担にならないムダ毛処理の方法や埋没毛がひどい場合の対処法などを紹介します。